VIOライン脱毛のお話し

デリケートゾーンのムダ毛処理をする人は年々増加傾向にあります。

それらをVIO脱毛というのですが、脱毛にご興味ある方なら、ほとんどVIOって言葉をご存じではないでしょうか?

VIOは、それぞれの脱毛部位の頭文字から来ています。

ひとつずつ解説してみますと

Vは、Vライン脱毛でビキニラインのムダ毛処理です。
正面から見たVゾーンのムダ毛の処理すのこと。

Iは、Iライン脱毛で女性器の周辺部分のムダ毛処理です。

Oは、Oライン脱毛で肛門の周辺のムダ毛を処理です。

その3つのムダ毛処理を合わせてVIO脱毛と言います。

そのVIOラインの毛量を薄くする場合は基本的には全剃りが前提条件。

光脱毛や医療レーザー脱毛で、VIOラインのムダ毛を1本1本間引いて抜くことはできません。

ですのでVIOラインを全て剃ったうえに、全体に照射して、ムダ毛そのものを減らしていきますので全剃りで毛量を減らすのが一般的に施されている手法なんです。

また、アンダーヘアなどを全て剃ってから照射すると、新しい毛は柔らかくフワフワの毛になるという効果もあります。

でも最初からVIOラインのムダ毛が薄い人は全剃りの必要がない場合もあります。
そのような方は、希望の大きさくらいまでVIOラインの周囲を剃るだけでOK。

施術前はアンダーヘアの全剃りに抵抗がある人も多いと思いますが、美しくしたいなら全剃りは必須だと思っておきましょう。